ドライマウス症状とは

舌痛症とは舌痛症とは舌がヒリヒリと焼けるような痛みを感じる症状のことです。 舌の表面は外見上、異常がないのが特徴です。 ドライマウス症状が重症化して、舌の表面がひび割れたり、舌の表面粘膜が乾燥することで痛みを感じることもあります。 患者さんの多くは女性で、年齢的には更年期を迎える四十、五十代の方に多いのが特徴です。
原因ははっきりとしませんが、血液中の亜鉛欠乏が一因となっている場合もあります。 更年期の女性に多いことから、ホルモンのアンバランスや自律神経の変調なども関係があるようです。

舌痛症と関連性の高いドライマウス症状の原因

ファーストフードなどの現代的な食事が唾液の分泌を少なくさせてしまっていることがあります。 このような食生活が続くと、唾液腺の機能が低下してしまい、いつも口の中が渇いた状態になってしまいます。

精神的なストレスや緊張状態、興奮状態が続くと、自律神経がバランスを崩してしまい、唾液が出にくくなってきます。 ストレスの多い現代社会においては、誰しもがドライマウスになってしまうリスクがあるということです。

年齢を重ねるとともに顎周辺の筋肉が衰えてきますし、唾液腺自体も機能が低下してきます。 若い人よりも高齢な方にドライマウス症状が起こりやすいのは、こういう理由です。

また口で呼吸する癖を持っている人は、口内の唾液が蒸発しやすいためにドライマウス症状が起こりやすいです。 鼻に持病がある人は治療するようにしましょう。

ブレス・デザインの舌痛症治療法とは

ドライマウスの治療に水は重要ブレス・デザインでは、ドライマウスと関連性の高そうな舌痛症の場合は、ドライマウス治療に準じて治療を行っています。
舌表面の渇きを解消するためには”水を飲むこと”は非常に重要で、これは対症療法でもあり、根本治療にもつながります。 そして症状を和らげるために舌粘膜を保湿するような薬剤を利用します。
こういった対症療法を続けながら根本治療として、普段の生活習慣の見直しをすることが欠かせません。

スポンサードリンク