プロフィラクシスでバイオフィルムを破壊しよう

バイオフィルムムシ歯菌や歯周病菌などがからまりあってスライム状になって、歯にこびりついたものを口腔バイオフィルム(菌膜)と呼びます。
身近なところの例では「排水溝のぬめり」もバイオフィルムです。
ムシ歯菌や歯周病菌などの細菌は、この”ぬめり”の中で物凄い勢いでどんどん分裂し増殖していきます。
ムシ歯菌や歯周病菌がただ集まっただけのプラーク(歯垢)は普段の歯磨きでも取り除けますが、バイオフィルムになると難しくなります。
バイオフィルムを破壊して取り除くためにはプロフィラクシスを行う必要があります。

プロフィラクシスは予防と美容を兼ねるクリーニングプログラムです

PMTC(専門機器を用いた高度な歯の掃除)を含む専門的な予防処置のことをプロフィラクシスといい、歯石を取り除いたり、虫歯になりそうな部分をチェックする専門的な予防処置のことで、ブレス・デザイン デンタルオフィスがこだわっている部分のひとつです。

歯の表面にスライム状にこびりついたバイ菌の巣=バイオフィルムを物理的に破壊し、歯の表面をきれいにリセットすることで予防効果が期待できます。
プロフィラスシスは、徹底的に歯の表面を磨き上げ、歯の表面の黄ばみやヤニ、茶渋を落としますので、あなたの歯が持つ本来の自然な白さを取り戻すこともできます。
つまり、予防と美容を兼ねるクリーニングプログラムなのです。

また、より優れたメンテナンスを求めるあなたのためにブレスエステも用意しました。

フッ素コーティングをプラスして予防効果をアップ

予防と美容を兼ねるプロフィラクシス最近の研究から、プロフィラクシスでリセットされた歯の表面をフッ素コーティングすると、バイオフィルムがつきにくくなることが分かってきました。
フッ素は歯の表面を強くし、ムシ歯予防に効果が期待できることはテレビCMなどでご存知の方も多いかと思います。

ブレス・デザインのプロフィラクシスは、予防医学的見地からフッ素コーティングもセットで行うことで予防効果を高めるようにしています。

スポンサードリンク